DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/13(月)   CATEGORY: 未分類
狼の遠吠え
昨日は俺達主催の「ゴールデンタイム」
めでたく?10回目を迎える事ができた。
まぁ俺達は企画バンドじゃないし、企画中心でやってる
バンドじゃないから特にコンセプトも無くやってきた。
ただ強いて条件を言わせてもらえば
「カッコイイバンド」
一言にカッコイイと言っても人によって違うけどね。

俺は自分達の音楽を真剣に追求しているバンドとかに出会うと
カッコイイなぁと思うし嬉しくなる、
それに「企画」って何?って思ったことも何度かあってね
なんか集会みたいなのって苦手だし、主催者が誰なのか
なんで呼ばれたのかよく分からんって事もあって
じゃあ俺達はこう言うやり方でやってますよって
気持ちもあります。

まぁハードルは高いほうが良いかなと、
来てくれたお客さん達が今日のバンドは全部かっこよかったねと
思ってくれればなと、
一曲でもお家に持って帰ってくれればなと思っとります。
これからもヨロシクッす。

話は変わりますが昨日はリハ後にCD屋さんに行きました。
多少お金に余裕がある時のレコード屋ほど楽しい物はないね。

バーデン・パウエル、ディラン、ハウリン・ウルフを購入!
今日はずっとウルフの「リアル・フォーク・ブルース」を
聴いていた。
ライナーにも書いてあるけど、まずハウリン・ウルフって名前、
この響きに痺れたブルースファンの人達は沢山いると思う。
俺もこの響きにやられた、単純にかっこよすぎ。
それに実際に唄を聴いてみるとあの声だもんね、
そりゃひっくり返るよ、ワン&オンリー、
マディにだって劣らない存在感…
「ハウル」には大きい声を出す、狼の遠吠え、などの意味が
あるらしい、

ただ「狼の遠吠え」には勝手に孤独を感じる、
一人月に向かって吠える狼、狼の社会は一夫一妻だと友人から
聞いたことがある
そんな事を思いながら聴くウルフのブルースは
最も優秀なMOJOを持つ男、
男の中の男マディ・ウォーターズのブルースとは違う、
全ての悲しみを、悲しみを深い所にしまい込んだブルース
「健全な社会生活」なんて胡散臭い臭いからは程遠い
いずれにしても俺にとっちゃ大きい発見でした。
スポンサーサイト
page top
DATE: 2006/11/09(木)   CATEGORY: 未分類
冬と共にナイロン弦
先日、四谷アウトブレイクでライブしてきました。
ロックバンドにかぎらず劇団、サーカス、流し、ふうてんさんと
さまざまなジャンルで生きる人達は色々な町を行ったり来たりする訳で多少はオイラもその中に入るわけです。
ただ千葉と言う東京と隣接した微妙な都市がサムライさんの地元なわけで、そこがまた微妙な位置なわけです。
確かに小一時間ちょっと走ればいわゆる都内…って何が言いたいんだか自分でも分からなくなってきたので、つうかさっきタイチが来て大分呑んでしまったので乾くコンタクトレンズにシバシバさせられ早く寝てしまいたいなと思っとるのです。

そうそう四谷ね、アウトブレイクの入口横にあるかっふぇで少年(小4)がウクレレ弾いていたんですねぇ一人で「お母さんはどーしたっちゃ?」「中で友達と話してるよ」「ふぅ~ん」
「何弾けるの?」「何でも弾けるよ!」「ブルースなんてどーかしら?」「今練習してるの」(キーはC7の3コードを弾く)
またこれがウクレレのブルースフレーズってのも良いモンで軽い感じするでしょ?これがまた泥臭い感じがして良いんだよ。
「じゃあハワイアンは?」「ジャワイアンなら弾けるよ」「何?ジャパコアなら弾けるのか?」
と、少年が弾いたジャワイアンなる曲はとても綺麗な音で単音のメロディーとコードがリズミカルでとても立体感のある音だった。なんともロックとハワイアンや何かが混ざった曲意らしい、南国の島でと想像してしまうが冬の入口の夜空の下で聞くウクレレもこれまたオツなもんだと痺れました。
この歳でウクレレ初体験しちゃいました。
「いやぁ、楽器って良いもんですなぁ~」
page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。