DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/09/25(火)   CATEGORY: 未分類
風穴
20070925125926
身を削るような重たい夏が終わって秋が来て、穏やかな日がこねぇかなぁ~なんてな…

皆はこの夏を乗りきれたのかな?
ここ3ヶ月の間はなんか色々あったなぁー
ありすぎて思い出せないぜ、サンダルはボロボロだぜ
まぁ酒ばっか飲んでりゃあんな太陽とまともにやり合う体力なんかねえべ…

多分俺にとって夏は人生に与えられた試練みたいなもんかな?んな試練なんざオイラいらねぇけどよ。
秋から春にかけて溜め込んだ大小の罪?が姿を変えて襲いかかってくるのが俺の夏…か

えぐりとられた穴に秋の穏やかな風が吹き抜けてくれる事を願います。

でも我々サムライデリカテッセンバンドは今月のツアーのおかげもあり、良い感じでグルーヴしてバンドとしてスタートをきっております。
個人的には、中断していた作詞作曲を再開し、ジャガジャガとアコギを掻き鳴らし唄ってます。
早く皆に届けられればなぁ~

テン君、俺に思いっきり甘えてくれないか
スポンサーサイト
page top
DATE: 2007/09/14(金)   CATEGORY: 未分類
新ウェストロード記 ROCK RIDER
20070914230646
9/9(日)

9時に目覚め縁側に出て竹林を眺めボォ~と過ごす。
緑が鮮やかで涼しい。俺の中でこの縁側は特別な場所だね。
一人二人と起きだして、皆も縁側に座りボォ~とする。

ヒョウさんは風邪をひいたみたいで体調が悪そうだ。
「大丈夫っすか?」と心配するふりだけして一足先に下山した。

山を降りてバスに乗り四条河原町まで行く、
こうやってよその町の乗り物に乗るのは結構好きで、ちょっとした旅気分。

友人等3人で食事をしに適当な定食屋に入った。
店のおばさんはそっけない態度でカツカレーを運んで来て、俺は旨くもなく不味くもないカツカレーを食べて灰皿を頼んだ。
すると灰皿を運んできたおばさんは友人に向かって「ギッギッ!」と意味不明な言葉をはいて手には数珠のような物を持っている。
俺は目が点になった…皆呆気にとられ固まっている、
「最悪だ…」と友人のテンションはぐんぐん下がり、そして落ちた…。
まるで呪いをかけられたような気分だ…そして、この際ババアて呼ばせてもらうが、もう一人の友人にもババアは「ギッギッ!」とさっきよりやや長めの呪文…
これからお寺など観光しようとワクワクしていた友人二人のテンションは落ちた。

「良かったぁ~俺じゃなくて~」と地下鉄に乗り難波まで約一時間電車に揺られツアーファイナルの難波ロックライダーへ、
リハ後、ROCK A GOGOしのやんのはからいで騒音寺やキングブラザーズ、The Birthdayなどが出演するイベントを見に南港と言う町へサムライ+ワルサーで出かけた。

南港は工場の町だった。
海がある、会場は廃墟になった工場の倉庫のような所で、少しだけ「爆裂都市」の雰囲気がする。
工場地帯ってなんか灰色なんだよなぁ~
縦と横の線で、毎日乱れることなく電車やバスから日勤の人間と、これから夜勤の人間が入れ替わって、何を燃やしてるか知らないけど隣の工場の煙突から出る煙を見上げちゃったりしてさぁ
灰色なんだよなぁ~…。

関西で初めて見る騒音寺、広いステージの上ナベさんはロックスターだったなぁ~♪

騒音寺のライブに刺激をうけ、今回のファイナル、ロックライダーへ戻った。

ココアのファイヤーバードの弦がセッティング中に切れたのは少し残念だった。
今回は久しぶりに俺の355とファイヤーバードの並びで、長年この二本のアンサンブルで絡み合ってきたから、やっぱりしっくりくるし、見た目もかっこいいしね。

無事?ライブ終了。4連チャンのツアーが終わった。さすがに皆ツアー前からの緊張が解けたのか、グッタリだ。

が、しかし休む間もなく機材を撤収し千葉へ帰らなければ…
ロックライダーの階段を昇ると雨が降っていた。

ROCK A GOGOしのやん、ワルサー&グッチ、タムさん、毎度の事だけど、お世話になりました。
色々とサポートしてくれたタイチ、お疲れ様でした。そして各会場に集まってくれた皆さん、音源を購入した方々、ありがとう♪
関西は12月にまたお邪魔するのでヨロシク♪

帰り名神を遠く離れた千葉へ向け走っていると偶然にも横を騒音寺号が通過。
次のサービスエリアで降りろとの指令、
皆、タミーによるコーヘー氏の物真似で笑わしてもらい写真を撮ってお別れ。
最後まで色々とあるツアーだったなぁ~。
好きな人達との別れは少し寂しいが、今、俺はテン君に逢いたい…
地元千葉じゃ今回ヒョウさんがサムライに加入したと聞いて驚いた人も多いと思うよ。
まぁ10年前から俺達にとっちゃおっかねーG-10のヒョウドウさんだったからねぇ~(笑)
上手く言えないが、強いて言えば、世の中に素晴らしいミュージックが溢れているしずっと憧れは消えないけど、俺達は「バンド」をやりたかったってことかなぁ~なんて…
まぁ見てのお楽しみって事で。
page top
DATE: 2007/09/13(木)   CATEGORY: 未分類
新ウェストロード記 磔磔
20070913201113
9/8(土)

昼にはワルサーのナビでサムライモービルは二日酔いと希望を乗せ京都磔磔へ向け出発、ハンドルキーパーはヒョウさん、なんか不思議な組み合わせだ。
本日も天気が良い、つうか物凄く熱い。

予定よりもやや早目に着いたので、皆で歩いて近くの定食屋へ行った。
店名を忘れてしまったが、チキンカツが溶けるように旨い。
また、こうやって皆でテーブルを囲み食事をとるのは、以外と大事な事かもしれないと思った。
ご飯が俺やココアには少し多すぎたが、大丈夫。タイチがきれいにやっつけてくれる。

久しぶりの磔磔は他のライブハウスとは何か違う気持ちにさせられる。

長い歴史、黒ずんだ木、本物ミュージシャン達の看板、あまりにも偉大な楽屋、包容力、酒、ミュージック、女と男、拍手、「さぁ好きな様にプレイしなよ」「おうよ!」てな感じ。

リハ後ワルサーに誘われココア、俺の三人は街へ出た。
週末の四条は人が多い、
別に腹は減ってないが、蕎麦屋に入り、軽くビールを飲んでいると外はどしゃ降りの雨、
とりあえず雨がおとなしくなるまでゆっくりしようと談話していると、いつの間にやら真剣な恋愛話に!(笑)
下ネタなしです。
俺達超真剣な顔してましたもん、
「はぁ~分からんもんですなぁ~」なんて三人でうんうん言ってた。

磔磔に戻りタイニージェームスのシャウトする声を聞きながら、何度となく繰り返してきた準備をし、セットリストのチェック。ヒョウさんは相変わらず緊張しているのかそうでないのか全く分からない。

この日はなんかライブしてるなぁ~、演奏してるなぁ~あってるかあってないか分かんないけど演奏してるなぁ~、なんて思いました。はい

汗だくのシャツとブーツを脱いで以前新宿でも共演したことのあるカルガモネンドの演奏を聞きながら缶ビールを、
いち日いち日バンドっぽくなっていくような変化を感じるのは、初ライブからツアーに出たおかげですな。

ライブ終了後は磔磔にて打ち上げ、
しのやんや京都の友人達と飲むお酒は楽しくておいしい。
なぜかホッとする、磔磔の水島さんとの会話も楽しく嬉しかった。

その後騒音寺タムさん+サムライは軽く食事をし、恒例の山登り、
ヨレヨレの俺達には傾斜のキツイこの山道はしんどい…
後方からタミー&ヒョウさん年長タッグの「はぁ、はぁ、」と息遣いが聞こえてくる…
ココアは毎度後ろ過ぎて見えない。
なんとか無事全員宿へ到着し、風呂に入る。
ヒョウさんは大分疲れてたみたいで、誰よりも早く撃沈していた。
まぁ無理もない、ライブだけでなく会う人や全ての環境が今までと違うのだからね。
おやすみなさい♪

ワルサー「すみません、灰皿下さい」
おばさん「ん~……チッ……はい…」
なんだその渋々感は~!
この日一番印象に残った蕎麦屋でのやりとり。
page top
DATE: 2007/09/13(木)   CATEGORY: 未分類
新ウェストロード記
9/7(金)

朝早く目が覚めてしまったので一足先にディープな宿を出た、今池駅付近のコーヒー屋でアイスコーヒーを飲みながらボォ~と過ごす。天気が良い、今日は暑くなりそうだ。

昼前にしのやん、FeeBee's達と合流し食事をしに大須へ、
大須へ到着し、さぁ飯でも食うかぁ~と車を降りたがリュックが無い…
どうやら得三に忘れたみたい…
オイラは自分の物が近くに無いと、とても不安になるので、ツアー中なんかは特に気を付けてたつもりだから
かなりショックでした…神戸まで3時間はかかる、入り時間と得三の開く時間を考えても絶望的に間に合わない…が、単独地下鉄に乗り今池へ向かった。

結果を言うと、無事リュックを確保し神戸へ行けました。
いゃあ得三のスタッフさん、イズミさん、そして旅行バス会社?ホントに助かりました!感謝感謝です!みんな忘れ物には気をつけよう!

そして俺は一人でカツ丼を食べ、男4人+愛を乗せ、サムライモービルは2日目の神戸バックビートを目指す。
ヒョウさんはどこで手に入れたのか、キツネ?の顔面の毛皮って言うの?を手にとり頭にのせ「超かっけ~」を連呼している、
俺は「へぇ~超かっこいいっすねぇ~」などとは言わず、無能者の俺は眠った…。
途中車内の大爆笑に起きる、
またその大爆笑が永遠と続く、聞くと爆笑の元はう○こネタ…
立派な大人のタミーまで喜んでいる…
どうか今夜良い演奏ができますように…

この日も前日と同様、何も考えずステージへ、
焦りや不安は全く無いと言えば嘘になるが、このメンバーになって不思議と落ち着いてステージへ出れる。
狭いステージは今の俺達に丁度良い距離感を与えてくれたみたいで、とてもプレイしやすかったし、演奏終了後、じわじわとやってくる手応えはメンバー全員が感じていたと…思う。

撤収作業を済ませて難波へ向かう。
ロックライダーのワルサー&グッチと合流し、もつ鍋屋でレバ刺しなど食し、明日へのパワーをつける。
ワルサー邸で焼酎を飲みながらライブ映像をチェックし、こうしようああしようと真面目な俺達…
だったがここでタミー暴走
全員笑い死ぬ寸前まで追いやられる、いつもはワルサー&グッチのハードなネタで涙を流し笑い殺されるのだが、
この夜のチャンピオンはタミーでした。
このネタを皆に見せられないのはとても残念だがタミーの名誉の為にもファンの皆様の為にも控えさせてもらおう。
おやすみなさい♪

「街からの帰り 花屋へ入った 花は美しかった」
神戸の本屋でずっと欲しかった本を購入、
その中に出てきた詩、
この日一番印象に残った言葉。
page top
DATE: 2007/09/12(水)   CATEGORY: 未分類
新ウェストロード記
20070912130309
9/6(木)
朝リュックを背負い電車で集合場所のココア邸に向かう。
ほぼ予定時刻に千葉を出発。
車の免許を持っていない俺はココアに無能者の刻印を押され最後部の座席へ、

初のライブで初のツアーとなったヒョウさんは落ち着きのない人だ。人の寝顔や運転しているタイチの写真を撮って遊んでいる。
途中台風の影響で通行止めをくらい高速をおりる羽目に、
無能者の俺はただココアがくれたチョコクッキーを食べ眠るのみ、
予定よりも約3時間遅れで到着し、得三に滑り込んだ時には会場の30分前、リハの時間もなくサウンドチェックのみとなった。
初日はこのメンバーで初のステージだったから、緊張するよりもやってみないと分からないし、考えても仕方ないので逆にワクワクしたな。
もう素直に出すだけ。
まんま出たと思いますよ。

汗だくのシャツを干して体中にパウダーを塗り、冷えた缶ビールを飲む。
本当に始まったんだなぁ、このメンバーで…と染々と思う瞬間でした。
その後FeeBe's、フリーダムのステージを見ながら水割りを飲みお客さんからもらったピザを食べて、そして…え~と飲んでました。
ココア「お前クッキー食べただろ」
俺「だってくれるって言ったじゃん」
ココア「あれは車中みんなで食べる為に渡したんだよ」
俺「だってやるよって言ったじゃん」
ココア「それにしても18枚入りなのに13枚食うか?」
俺「くれるって言ったじゃんかぁ!」
この日俺の中で最も印象に残っている会話でした。
page top
DATE: 2007/09/07(金)   CATEGORY: 未分類
新ウェストロード
20070907233750
二日目神戸バックビートが終了。
まったく予定もつかないままツアーに出たが、一日一日と感触を掴んでいる。
ドーパミングのせいか(笑)
集中力もアップ。
明日は久しぶりの磔磔、皆ダンスしようぜ♪
今夜はこれから難波にてロックライダーのワルサーと会食です。
神戸のブロークンハートジャムズのギタリスト、リトルキースとパチリ♪
page top
DATE: 2007/09/06(木)   CATEGORY: 未分類
新ウェストロード
20070906113254
只今名古屋に向かっとります。
ちょうど台風とすれ違う感じかな?
今夜はメンバーチェンジ後初のライブだからね。
自分達でさえどんなステージになるか予想もつかない、タミーも言ってるが、
ここ一週間ほど新ドラマーヒョウさん含めハードな日々だったなぁ~
今こうして山々を眺めながら車に揺られてると、久しぶりにホッとできますよ。
さぁツアーが終わり千葉に帰る時、俺達は何を持ち帰るのやら。
関西各地の皆様ダンスしようぜ♪
写真左はずっと欲しかったタイのパウダーです。レモンの香りがします。オイラのお肌はデリケートなのよ…タイチがくれました。これ最高!
右は今朝ココア邸のキッチンに置いてあったチョコクッキー、ジッと見てたら「やるよ」とココアがくれました。これ最高!
page top
DATE: 2007/09/03(月)   CATEGORY: 未分類
撮影
20070903030625
昨夜はカメラマンのトガシ君とフォトセッションって言うの?
写真撮影でした。
2ndアルバムのジャケ写やデザインは彼の仕事です。
以前ジョニーファイブのドラマーとして大舞台に立つなど輝かしい過去もあり、
現在でも「上海トカゲ」というバンドのドラマーとしても活動しています。
まぁ昔からの友達なので作業も進めやすいし、
彼のキャラクター上、真剣になればなるほど笑わずにはいられない、
彼を知っている人なら分かると思う。
ここに書くことはできないが彼が残した数々の伝説を耳にするが聞く度に腹がよじれる程うける。
トガシ君よ、お疲れ様でした~。今後ともヨロシクっす♪
page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。