DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/11/13(土)   CATEGORY: 未分類
大人になったら
下京区の路地をいったりきたりしていると、こじんまりとしたお店が沢山
あって、蕎麦屋さんやらフレンチやらイタリアンやらおでん屋さんやら寿
司屋さんやら何屋さんかわからないけど興味をそそられるお店やら、
ああなんか美味しそうだなあとか、楽しそうだなあとか、あったかそうだ
なあとか、
本格的な冬がきたら、店の灯がもっともっと暖かく感じるんだろうな。

子供の頃、親父に何度か寿司屋へ連れてかれたな。
今みたいに回転寿司屋がそんなになくて、カウンターしかないけど庶民的
なお店で、
椅子にすわったら足も床にとどかないくらいで、さび抜きにしてもらわな
いと食べれなかったっけ、
甘えびが好きで、食べ終わると親父が大将に頼んでくれるから、カウン
ターには甘えびの尻尾が並んでた。

親父はたいして食べもせず、誰かと話すわけでもなく、お酒なんだろうけ
ど黙々と何かを飲んでで、俺は黙々と甘えびを食べてて、
ダイエーなんかにもたまに二人で行くと親父は中華屋かなんかに入って、
多分お酒なんだろうけど、何か飲んでで、ポケットからじゃらじゃらと小
銭を俺にわたして、
俺はもらった小銭でゲームセンターで遊んだりしてて、

子供ながらに、
ひとりで何がお父さんは楽しいんだろう?
大人になったらわかるのかなあ?
と思ったりした。

ただ不思議と母M子と出かけたことより、親父と二人、男同士で出
かけたことの方がなんとなく記憶に残っている。

いつからか酒を飲むようになって、ひとり居酒屋のカウンターに座り
生活と生活の間に他愛もない会話や、そう無駄とも思えない時間を過ごし
ていると、
なんとなくだが、親父の気持ちもわからなくもない。

いつか、気の許せる友人や好きな人を連れて路地を歩き、お寿司屋さんの
暖簾をくぐりたい、
できればさび抜きの寿司しか食べれない甘えびが好きなお前も連れていけ
たらと

大人になったらの夢です。
スポンサーサイト
CO*1 ] page top
DATE: 2010/11/10(水)   CATEGORY: 未分類
旅を続ける

花田裕之生誕五十周年祭とHONEY MAKERでの磔磔と得三を無事終え
て、
10月から続いたライブの日々も束の間ではあるが一区切り、

上手でギターだけを弾くってのは初めてで、やはり緊張した。

緊張したけど、バンマスであるタムさんやホリウチ君やアンボさんの存在
がとても心強くて、
花田さんの背中を中心に
演奏していることを実感した。

個人的には「借家のブルース」をNABEさんの歌でギターを弾けたの
も嬉しかったし、うつみようこさんの「恋をしようよ」は本当に胸が熱く
なった。すっかりファンになってしまった。
ダニー君が歌うDANDANでは花田さんのイントロに興奮したなあ。
メンバー一同ある意味一番楽しみにしていたワルサーの「気をつけな」で
は花田さんのコーラスに本人も俺も感動した。

終演後の楽屋で、うつみさんがついでくれたビールで乾杯した時、ここ
一ヶ月のスタジオ通いや、京都に来なかったらここにいないだろうなあと
か、花田さんへのリスペクトに溢れた空間で、なんだか胸がいっぱいにな
りました。

何よりも一緒になって楽しんでくれた皆さんに感謝感謝です。

思い出にするにはあまりにも貴重で、ギターを弾くってことに対する今ま
でとこれからに物凄く影響の大きい一夜だった。

明日も東京でリハーサルがあるからと磔磔を後にする花田さんを皆で見
送った。
ギターを背負ってスーツケース転がして…

それと手前味噌であれだけど、これはHONEYMAKERとは関係なしに、
バンマスであり出演者一同を仕切ってくれたタムさんに感謝したい、

大変な仕事量だったにちがいない。

朝方二人が乗ったタクシーは心地良い疲労感に満たされていました。


さて作曲作業に入ろう。

昼間のテンはこんな感じ

ゴロゴロ







CO*1 ] page top
DATE: 2010/11/02(火)   CATEGORY: 未分類
rollin'on

雨の中難波ロケッツへ足を運んでくれた皆さんありがとうございました。

千葉から来たc&cのスーパーアホメン達がフロアに見えて、若干緊
張した。

でもちょびっと心強かったぞ

また関西で一緒にやりたいな。

大阪の夜を共にバカバカしく過ごしたかったけど終電は待ってくれず

再会を誓い帰宅。

昨夜はTHE Verbsを見に磔磔へ、
開演前のステージ上のセットがあまりにも美しくて、普段と同じ磔磔のス
テージとは思えないほど、ドラムセットを中心に別の世界ができあがって
いた。

なんの含みも無いエイトビートは小細工無しの男スティーブ・ジョーダン
その人そのもの

本当にいいもんを見ることができました。

世界中のミュージシャン達が信頼するのも納得です。

目の前を歩くスティーブ・ジョーダン、ニューヨークが目の前を歩いてい
るみたいだった。
行ったことないけどニューヨーク。

そのビートとロックセレブぶりに胸のドキドキが止まらなかったよ。

ドキドキしたままスタジオテイクワンへチャリをこぐ、寒い、

タムさん、ホリウチ君、アンボさんの四人で入る最後のスタジオだった。

この四人で何度スタジオへ入ったろうか

HONEY MAKERも同じスタジオを使っているので、ここ一ヶ月は毎日スタジ
オにいたような感覚。

それぞれ花田さんと演奏した時の感覚を持ち合ってのスタジオワークは手
探り状態が続いたけど、バンドリーダーのタムさんを中心にひたすら回数
を重ね音を合わせるバックの面々。

個人的にバックをやらしてもらうのはサムライデリカテッセン以来だから
もう随分と前だな。

男子に生まれて、このような仕事を与えてもらったことを嬉しくおもいま
す。

また、京都に来たことを最近になって実感しています。

明日はゲスト陣含め出演者スタッフ一同で花田裕之生誕五十周年祭を祝い
たいとおもいます。

是非皆さんも御一緒にです。

あ、関係ないけどHONEY MAKERがついったー始めました。

使い方をまったくわかってないけど、とりあえずつぶやいてみます。

はたしてタムさんはつぶやいてくれるのか…!

この時期、ベランダから見える夕暮れはなんだか深みがあって、テンと
カーペットの上でまるまって眺めています。

さて、弦を張り替えたら花田さん参加の最終リハーサルに行ってきます。

CO*2 ] page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。