DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/04/26(火)   CATEGORY: 未分類
揺さぶられて
ツアーも4日目の名古屋得三を終えて新宿red clothへ向かっ
てます。

少し曇っているけど雨降らなきゃいいな。

久しぶりの得三は関東へ向かう前に皆さんから沢山の笑顔とパワーをも
らった。
ウェイバーやカルガモネンドからも刺激をうけて一日一日がとても濃い

そして得三といえばワイルドハニー
ニコニコ笑顔な主に一癖も二癖もある今池の人々が出入りするレコード屋
さん

昨夜も師匠達の音源を手に入れ俺は幸せで
そりゃツアー4日目だろうが飲んじゃうね。
得三だし(笑)

「来日したサム&デイヴのサム・ムーアにサム・ベイカーのことを
尋ねてみた。なつかしそうだったなあ。サム・ムーアと違い、音楽業界を
離れて30年以上もたつサム・ベイカーではあるが、こうしたCD
を通じてぼくらの心にはいつまでも残っている。サザン・ソウルを聞き始
めた頃に、夢中にさせてくれた1人として、改めてありがとうと言
いたい。」

と解説の鈴木啓志さんの言葉とカーステから流れるこの強く悲しく震える
ソウルに俺の大事な部分が揺さぶられている。

大きな大きな音楽の川が見えてくる。
山から谷へ、そのうち都会をぬけて君のまちまで

たどり着いたら一緒に歌おう
一緒に踊ろう

いくぜ新宿red cloth
いくぜ千葉LOOK
スポンサーサイト
CO*1 ] page top
DATE: 2011/04/25(月)   CATEGORY: 未分類
夜のハイウェイ
ヤマジュンの運転で大阪から帰宅。

ライブ後夜のハイウェイで揺られてると過去への想いとこれから先の未来
への想いみたいなもんが静かな波みたいに押し寄せては引いていくんだ
な。

昨日の神戸の夜景は美しかったな。

関西での三日間が終わって、寝て起きたら名古屋、東京、千葉へのカント
リーロード
俺は素敵な出会いに恵まれてる
そして再会のチャンスにも恵まれてる

この国が大変なことになっている時に、楽器ぶら下げて旅をできることに
感謝しなければならない

愛する人達や愛する場所や街や景色が、何かを憎むよりあまりにも多いん
だ。

最終日のLOOKまで突き進もう、
何があっても
CO*0 ] page top
DATE: 2011/04/24(日)   CATEGORY: 未分類
狂い咲け
ご無沙汰してすみません!

ここ一週間ハードデイズ

朝方にはフラフラな自分を引きずって、
それでもこりずに夜へとダイブ
まったくなんだかな~なんて思うとこもあるっちゃありますが、
ツアーに出ればそれは今への準備だったような
と、都合よく納めてるのです。

初日磔磔から最終日千葉LOOKへ、ホームからホームへの6連
チャンツアーも今日で早くも3日目の難波ロケッツだ、
昨日はぐっすり眠ったし、なんだか体調もバッチリ戻ったかと、
軽やかにいけるかな?

桜はもう散ってしまったか?

いや、駆け抜けよう
狂い咲け

ああ、でっかいカツ丼を食べたら腹が爆発しそうだ。

良いライブやって早くみんなに会いたいぜ
CO*1 ] page top
DATE: 2011/04/04(月)   CATEGORY: 未分類
アベシ
小学生の頃住んでた町は成田の中でもかなり田舎の方で、遊びといえば寺
の本堂をつかっただいしょ鬼や川でザリガニ釣ったり、あちこち基地作っ
ては壊したり、捨てられたエロ本探しにいったり、俺はあまりゲームとか
しなかったから好きな映画を借りてきて見てる時以外は結構アウトドア
だったと思う。

親父の散歩にもよくくっついてったな

リキって名前のビーグル犬を飼っていて、リキを連れて散歩に行くんだけ
ど往復二時間くらいかけて歩くんだよな。

毎回コースが違うから普段遊んでで行かないようなとこまでいくからワク
ワクするし、親父と一緒だから帰れなくなる心配もないから結構楽しかっ
たな。
あまり会話とかはなかったような気がするけど、とにかく歩いてたな。
帰ったら鯨みたいに寝てたよね。
子供からみたらやっぱ親父って体でけえんだよな。
まったく鯨みたいだったね。

ある日、寺の近くで高学年のアベシとハタナカ君と遊んでたら捨てられた
チャリをみつけて、色塗っぺってなって、家に確か赤いスプレーあった
よって言ったら塗っぺ塗っぺってなって、
今思えば、あれはアニキ達が作ってたCBのナナハンに使う塗料だっ
たんじゃないかと思うんだけど、

俺もいいかっこしたくて家までアベシとハタナカ君連れて、
スプレー取ってくるから待っててって家の中でスプレー探してたんだけ
ど、
玄関の方からアベシが
ユダ!ユダ!ユダー!って叫んでで、
なんだろ?って玄関に行ったら

玄関の前に一本だけ生えてる5mくらいの木がてっぺんまで真っ赤に
燃えちゃっててさ

なす術なく立ち尽くしてて

何度も見た大好きな映画のビデオテープも漫画も燃えちゃうんだなあ~っ
て思ってたら

冷たい水がビシャビシャふってきて、振り返ったら親父がホースで放水し
てて、

生えてた木はなんだかヤシの木みたいにちぢれた毛が幹にびっしり生えて
るような木だったんだけど

ハタナカ君その毛にちょっとライターで火をつけたら一瞬で木が真っ赤に
なったんだって

もう少しで大変な火事になっていたかもしれないし、俺は親父が怒って二
人をどうにかするんじゃないかと思って、アベシなんて北斗の拳みたいに
マジでア、ベ、シ~!ってなっちゃうのかなあなんて思ったけど、

親父はとくに説教するわけでもなく、しょうがねぇなあといった感じで家
ん中に戻っていった。

何故かはわからないけど、まったくわからないわけでもない今日この頃、

ただ俺にとっては怒られてぶっ飛ばされるより、
どこからともなく現われてホースで消火する親父の姿の方がぶっ飛ばされ
るより何倍も強烈だった。

みんな、ヤシの木みたいな木の幹に生えてるチン毛みたいな毛に火をつけ
ないように。
CO*2 ] page top
DATE: 2011/04/01(金)   CATEGORY: 未分類
黒角と操人形

千葉ANGAの翌日、
成田まで足をのばし女王である婆ちゃんに会いにいった。
95歳?になる女王はきれいに髪にくしをとおして居間に鎮座していた。
震災後は消防団のヘルメットを被せられてたと従姉妹から聞いていたので
楽しみにしていたのだけど、
凛とした女王に戦争を生き抜いた女の強さをビンビンに感じ
勧められるまま、栗をつまみに缶ビールを飲んだ。

ビールと栗はあわないぜ婆ちゃん

参道を歩いた。

震災の影響だろう日曜だというのに参道はスカスカで暖簾をおろしてる土
産物屋も多い

鰻のきも焼きで人肌のお茶割を飲んだ。

旧い友人が営むバーに寄って思い出話しを肴に酒を飲んだ。

パンクでポップな友人らしい、なかなか洒落た空間を作っていた。

10年住んだなんの取り柄もない町にある老舗の焼き鳥屋で夕方、同じく10
年ほどこの町に住んだ作業着姿の友人と串を抜いた。

タン刺しで酒を入れて「うめえな、おい」と呟く友人は二人の子供を育て
る父親で、
社名が縫われた作業着は、適当に酔ったバンドマンが着るテカテカのルイ
ス・レザーよりリアルで男らしく逞しかった。

何年か一緒に工場でへえこら働いてたやたらとカラダのデカい友人に世話
になった。
友人のアパートで愛想の良い野良猫のブーニャンに縁側で餌をあげた。
餌はテレビの横に置いてあった。
日もそろそろのぼる時間に友人は仕事へ行き、以前俺がよく飲みに来てた
この部屋は以前よりもずっとあったかい空間になっていた。

先輩でもある兄いとアジトのジョアンで黒角を飲んだ。
一年ぶりくらいに

「水割りでいいの?」

とマスターが言うから

「水割りで」

と答えた。

まったく何杯ここで黒角飲んでんだい
何度頼んでも聞いてくるんだよ
マスターは

黒角一口入れたらダン・ペンの「I'm Your Puppet」のアルペジオ
が流れてきて、一年も二年もあっという間に飛び越えちまって、昨日から
今日みたいで、
ちょっくら胸がいっぱいになったけど、それより笑いすぎて飲み過ぎて
久しぶりに頭ん中で鐘がガンガンなってた。

根無し草のロマンなんてたかがしれてるっての

休みのところわざわざ店を開けてくれたマスターとママ、粋な先輩に日々
を闘ってる友人達に感謝を

今日はオレンジをベランダに置いた

曲を作りながらテンと一緒に鳥がオレンジの甘い汁を吸いにやってくるの
を待っていたが陽がくれるまで一羽もやってこなかったが俺は間違ってい
ない。


CO*1 ] page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。