DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/12/31(土)   CATEGORY: 未分類
愛っていい言葉だな~
2011年も終わりかぁ~

大変な年だった。

いや、まだ何も終わってないけどさ

個人的には京都に住んで二年と半年が経って、それなりにハードな事も
あったけど、
多くの人達に支えられ、多くの人達のハートを感じて、本当に感謝の気持
ちでいっぱいです。

お~俺は生きている~と実感できることがどれだけ幸せなことか、
身にしみた一年だった。

HONEY MAKERも様々な土地で刺激的な共演者に恵まれて、ステージから見
える笑顔は本当に力をくれる。
ハードな日々もなんのそのって感じだね。

年明け早々にアルバムレコーディングが決まり、正月ものんびりとはいか
ないけどアルバムに入る曲達にソウルと気合いをぶち込んでレコーディン
グに挑みたいと思ってる。
そしてそいつを持って色んな街に旅しよう。

京都に来てから生でグッドミュージックを感じる機会に恵まれてる。
それは凄く大きい、これも幸せなこと

さて、2012年がやってくるぜ

こわれた無数のモノや心に再生の光が差し込むことを願い

俺はもっと純粋に大胆に貪欲にミュージックと向き合って
一人でも多くの人に自分達の歌を聴いて観てもらいたいから

夢を見ることを忘れてしまわないよう
それなりの努力をしてステージでバンドできることにベストをつくそう。
ライブはサイコーだ!

うん

みんなー!
今年一年ありがとうございました!

愛してるぜ~!

浮かれてるわけじゃないが

世界中がハッピーな年になりますように!
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2011/12/29(木)   CATEGORY: 未分類
今夜は
クリスマスはバタバタと過ぎて、またひとつ歳をとったら2011年の
終わりももう目の前だ。

昨夜は3年ぶりくらいの拾得で、タム&ホリ&ユダとい
うトリオでのライブ。
真横でホリウチ君の歌を聴いて感じてギターを弾くのは楽しくて、声にグ
イグイ押し出される感じだったな。
しかし、ベースとギター2本でってのは初めてで、
なかなか大胆にいけないところもあったりで、
偉大なソウル職人達をイメージしてはみるものの、
いやはや俺はまだまだだなぁ~と、
まぁ、いちギター弾きとしてそれなりの美学を持っていたいと思うんす。

久しぶりに拾得で演れたのも嬉しかったなぁ。
ここから京都のライブハウス文化が生まれてったんだなって、終演後にだ
らりと酒を飲んでの会話も楽しくて、
アニーキとシェキナのハヤト君とものんびり過ごせて、みんななんか気持
ちいいよなぁ。
何よりもその人がプレイする音が、すの人そのものって感じが凄くいい
ぜ。

明日はまたアニーキ&ハヤトと我々トリオと名古屋得三でライブ納
めだし、
ROCK A GOGOも仕事納め、場所が得三なだけに深酒の恐れがあるけど…
まぁ、ライブ納めだしね。

今夜はタムさんからのプレゼント、ローリング・ストーンズ「サム・ガー
ルズ・デラックス・エディション」で軽く呑む。
スゲーかっこいいよ。
たまんないね。

ああ2011年ももう終わるけど、俺は2012年を楽しみにしてる
し、何があってもって思えるね。

おやすみなさい
CO*1 ] page top
DATE: 2011/12/20(火)   CATEGORY: 未分類
みはし亭
磔磔でライブがある日は寺町の蕎麦屋によくいくんだけど、
こんな寒い季節はあったかい田舎そばとかカレーうどんとか、
本番前に体をあっためるに丁度いいなと、

小学校3年生の時、土曜日の昼に学校から帰るとおじいちゃんが
チャリに乗って、片道30分くらいかけてくるんだけど、
毎週2人で近所のみはし亭って蕎麦屋に行ってたね。
俺が好きだったのはカレーうどんか餅の入った力うどん
じいちゃんは俺と同じのを頼んで、肉を俺のどんぶりに入れてくれるんだ
な。

着古したドカジャン着てチャリに乗って、毎週土曜にみはし亭に行くのが
習慣だったね。

しかし学年が上がるたびに俺は
「遊びにいってくる」
と言ってはみはし亭から遠ざかっていったんだな。

きっと寂しい思いをさせてしまったと、気づいた時には、もう遅いもん
だ。

戦争を生きぬいて奇跡的にシベリアから成田の町に帰ってきたじいちゃ
ん、
土曜日のお昼に孫と食べるうどんは俺の何百倍も美味しかったんじゃない
かな。

もう2人で行くことはできないけど地元に帰った時に行ってみっか
な。

みはし亭。

まだあんのか?
CO*1 ] page top
DATE: 2011/12/15(木)   CATEGORY: 未分類
友人来京

一昨日の朝方キーチ(the c&c、ユダ倶楽部)が我がアパート
へやってきた。

いや、来てくれた。

昼過ぎから鍋を囲んで酒を呑んだ。

ここ何年か、ゆっくり呑めてなかったし会えてもバタバタとすれ違いに会
話を交わす程度だったから、まぁたまに電話でお互いの近況報告はしてた
けど、
昼間から夜中までまったりと過ごせてスゲー楽しかったね。

昔は本当によく呑んでたもんなぁ。

いつも曲がり角にはキーチがいたって感じかな。

お互い環境は大きく変化したけどキーチイズムは健在だよまったく。

もっともっと楽しいことをしていきたいね。

最近京都で千葉のバンド仲間や友人達に会えることが増えたような気がす
る。
それはとっても嬉しい。

先輩ありがとうございました。


CO*1 ] page top
DATE: 2011/12/13(火)   CATEGORY: 未分類
武者震い
磔磔での年内ラストライブに皆さんありがとうございました。

一台のバンドワゴンでツアーまわったりして、同じ空気を吸ったりしたロ
ブスターズとあったかいソバを入れて、ゲラゲラやって一緒にライブでき
て楽しかったね。
千葉からやってきてくれた瘋癲野朗も、自分達のライブを堂々とキメてい
て、
サムライデリカテッセンで初めて磔磔でやらしてもらった時を思い出した
りしたなぁ。
終演後もあのかっこでスゲー楽しそうな奴らを見てたら少しイラっとした
けどね。(笑)
これからもっとライブしにきてほしいね。

今年一年俺たちを見てくれた人達に感謝っす。
いつもありがとうございます。

来年のそう遠くはない時期にアルバムレコーディングに入るし、出したら
もちろんレコ発ツアーに出るしね。
ひとつでも多くの町に、ひとりでも多くの人に届けたいしさ!
昨夜、現時点での2012年上半期の決定スケジュールをいただいて俺
は震えた。
きっとこれは武者震いだ。

色々なことが起きて、大変なことも沢山起きている今にやってやるぞと思
えるコトがあるのは本当に幸せなことだよな!

おやすみなさい
CO*1 ] page top
DATE: 2011/12/11(日)   CATEGORY: 未分類
瘋癲野朗がやってくる
昨夜は名古屋得三へお集りの皆さんありがとうございました!

シェキナは楽屋でもハイクオリティーなギャグを連打してくるからなぁ~
無視したくてもできないのが辛いぜ(笑)

チャランポランタンを見ていたら、俺は男子だからね。
思わず「かわいいなぁ~」と呟いてしまうんだな。
はるこ嬢のアコーディオンかっこよかった。
アコーディオンってこんなにグルーヴするんだなぁって思ったよ。
他の楽器を感じるって大事だよな。

後ろ髪引かれつつ得三を出てヤマジュンの激走ドライブで京都に着いて、
あまりの寒さに嗚呼また京都の冬がやってきたんだなとブルブル震えた
よ。

新宿、千葉、名古屋と気持ちいい対バンに恵まれて、毎晩笑ってたもん
なぁ。
まぁ、あそこの音とばしちまったなぁとか細かい反省は尽きないけど、バ
ンドとしてはこれから先を目指す力を沢山もらった3日間だった。
今回演奏した新曲「深夜0時のレストラン」は昔工場で朝から晩ま
で働きながらバンドマン生活してた時を思い出したりしながら、俺なりの
ワークソングです。
ダチと一緒に陸橋こえて工場地帯へ毎朝行ってたもんなぁ。

明日は、日付変わって今日か、磔磔でハニーメイカーは2011年のラ
イブ納めです。
今年一年俺達を見てくれた人達に良いライブを届けることができたらと思
う。
いや、届けますよ。
俺の地元千葉からは瘋癲野朗ってバンドが初関西でやってきてくれる。
大阪からはワルサー率いるロブスターズが、楽しみだね。

しかしFAME STORY1961-73なんてボックスが出たのか~!
サンタさんにお願いしとこ…。

頂いたおでんで一杯やって寝ます。
おやすみなさい
CO*0 ] page top
DATE: 2011/12/09(金)   CATEGORY: 未分類
関東2日間
新宿red clothと千葉LOOKでのライブを終えて今は名古屋得
三に向かってます。

新宿を出て千葉へ移動して、でっかいストーブで暖まるジョアンで先輩と
マスターと朝方までゲラゲラ笑って酒を呑んで、心身共に暖まる時間を過
ごせた。

LOOKのPA卓がデジタルに変わって青木君嬉しそうだったなぁ。
山川の仕切りで打ち上げてから、駅前屋台でサイトウさんや山川と、昨夜
もゲラゲラ笑っていい時間を過ごさせてもらった。

古い友人達はもちろん、集まってくれた皆さんに感謝!
ありがとー!

新曲気にいってもらい嬉しいっす。

古い付き合いになる友人から
「本当に出逢いに恵まれてるよね」
と、
まったくその通り、最近かなり深くそう感じてるんだな。

おっとそろそろ名古屋だ。
CO*1 ] page top
DATE: 2011/12/07(水)   CATEGORY: 未分類
女たち

只今初日の新宿に向かっております。

新宿red cloth→千葉LOOK→名古屋得三と今日から3日
間年内ラストの遠征に出たところ

ん~まだ静岡かぁ

ローリング・ストーンズのサム・ガールズ・ライブ・イン・テキサス78
年をBGMに軽バンドワゴンとばしてます。

これ劇場に観に行ったんだけど、かっこよかったなぁ~!
ソリッドで剥き出しでさ
新曲を連打するストーンズ!
キレキレに突き進んでいくバンドの姿に感動した。

邦題の「女たち」って響きも好きなんだ。

今回の遠征に参加し、ハンドルを握るのはアツシ青年。

地元の富山でライブハウスをやりたいんだ~!と夢を持って京都にやって
きた青年。今は磔磔でライブハウス修行中なのだ。

夏の磔磔ワンマンの時に千葉から来てくれたサイトウヒロシ店長に会った
りしたのもあって、せっかくだし違うハコにも行こうじゃないかって
今回遠征に動向することになったのだ。

モジャモジャヘッドの彼をヨロシクっす。


CO*1 ] page top
DATE: 2011/12/06(火)   CATEGORY: 未分類
おさらば
以前タムさんと百万遍で呑んでる時に「国内で1番好きなギタリストは?」ってな話になってさ、出た名前が「山口冨士夫」で、
山口冨士夫についてまわる伝説めいた話は数あれど、まぁそれも魅力の一部、ホント一部分でしかないと思うし、
俺はやっぱりあのギターが好きで、ギターを構えた時の姿とかさ、
ちゃんとしたチョーキングなんて言ったらおかしいけど
アレが好きなんだよなぁ。
たまんねぇのホントに
マイク・ブルーム・フィールドも好きだなぁ。

んで昨夜は磔磔で山口冨士夫バンドのライブだった。

何十年ぶり?に磔磔にやって来てくれた山口冨士夫を見に多くの人達が集まり満員の磔磔。

若い人も多く、皆真剣に見入ってたなぁ。
タムさんも首伸ばして見てたね。

キース・リチャーズを見てやっぱり年をとったんだなぁと思うし、でも余計に浮世離れしてて本当に墓場から蘇ってきたんじゃないかとか思ってしまうのと一緒で、黒いレザージャケットに335を構えてセンターに立つ姿が美しくてさ、

鳴らした瞬間の支配力と止めた瞬間の殺気

まぁあまり感想を述べても野暮ったいな。

本当に良いライブだった。

スゲーかっこいいんだもん!(笑)

単純に憧れのギターヒーローが元気な姿でスゲー音を鳴らしてくれて、冨士夫ちゃん大好きな人達が沢山集まってさ

冨士夫ちゃんありがとう!って感じだよ。

ラストナンバーの「おさらば」で山口冨士夫がベンドしたたった一音のロングトーン

あの瞬間が全てを集約してみんなの胸の深い深いところに届いたような。

そんなドラマチックな瞬間に今でも興奮してます。

明日からは新宿行って千葉行って名古屋いくぞー
年内ラストの遠征だ。

車内BGMはタムさんがサム・ガールズのデラックスなんとかを買ったみたいだからそれでキマリだね。

写真はよく泊まる千葉のビジネスホテルの近くに住むムニムニしたビーグル。
俺好きなんだよこいつら

<object type="apple/mailattachment" dispinline="1" height="71" width="71" filesize="228958" preferredfilename="写真.jpg" id="5DF2A833-1AB9-48A7-9CF3-D726CDB078BA"></object>


CO*1 ] page top
DATE: 2011/12/05(月)   CATEGORY: 未分類
花の布団と牛乳
長い間放置してしまい、いったいどう書き始めればいいのかわかりません
が…

先日、引っ越した時から放置しといた段ボール箱の中をあさっていたら、
このブログのコピーが出てきて、もう何年も前のなんだけど、過去の日記
みたいでパラパラと流し読んでたら、こんな事あったなぁとか変わってな
いなぁとか、それはそれでそれなりに楽しくて、このまま年を越しちゃあ
よくない、ダメだと思い、手前勝手ながら再開しようと思ったわけです。

え~っと、そうだなぁ

アパートにのぼる石の階段は燃えつきたモミジの葉を敷きつめていて、赤
い絨毯を敷いた階段に、はらはらと赤い葉が落ちていくのも中々風情が
あっていいなぁと思います。
大家さんは掃除が大変そうだけど

先日、母のマサ子が京都にやってきた。
勤続15年のお祝いに職場から二泊三日の京都旅行を頂いたんだと、
嵐山での自由時間に待ち合わせをした。
俺は初めての嵐山だった。
バスで四条大宮まで行き、嵐電という路面電車に乗り替え、よく晴れてい
て、のんびりガタガタと走る路面電車は心地よかった。
終点の嵐山で降りると予想通り人だらけで、携帯をまともに使えないマサ
子と無事に合流できるか不安になったな。

なんとか人混みの中キョロキョロとしたマサ子と合流し、
「あら、痩せたんじゃない」
「痩せてない」
「食べてるの?」
「食べてる」
とお決まりのやりとりをして、
何度か嵐山観光に来ているというマサ子の先導で歩き出した。
「随分小さくなったんじゃねぇか?」
と逆に言ってやりたかったが声には出さず嵐山駅前を出発した。

大河内傳次郎という役者が30年の歳月をかけて創り上げた庭園。
大河内山荘に入り御茶をいただき庭園内を歩く、京都市内から比叡山まで
一望、なかなかの絶景。
マサ子の足どりはしっかりしててスタスタと歩くじゃないか、
今年は紅葉が遅れて、色鮮やかな景色まであと一週間といったところ、
しかし庭園を登り続け細道を抜けるとぱっと視界が広がり、色鮮やかな世
界にふわっと入りこむ、そんな感じだ。
苔の緑と赤や黄色のコントラストが美しかった。

山荘を降りて桂川沿いまで行き俺は生ビールを飲んでマサ子は蕎麦を、
何度か聞いた話だったけど、子供の頃俺は花柄の布団と哺乳瓶が好きでい
つまでたってもその二点セットから離れなかったみたいだ。
「花の布団と牛乳~」
と叫んでわ花柄のタオルケットにくるまり哺乳瓶を吸っていたんだな。
もう赤ちゃんじゃないんだからとマサ子も心配してたみたいだけど、ある
日隣の家に遊びに行って帰ってきた俺は二点セットを求めず黙っていた。
マサ子が花の布団と牛乳はいらないの?と聞くと
「あれは赤ちゃんが飲むものだからいらない!」
ときっぱり答えたらしい
どうやら隣の家に生まれた赤ちゃんのとっくんが哺乳瓶を吸っているのを
見てのこと、
俺は恥ずかしかったのかなぁ。

「あ~楽しかったわ~」
て呟く母と観光バスが並ぶ駐車場でお別れをした。

マサ子がよこしたカツサンドの入ったビニール袋をぶら下げて渡月橋を渡

写真の一枚でも撮っときゃよかったなと思いつつ
地下鉄で街へ繰り出し
翌日には七転八倒するほどの二日酔いに見舞われるほど酒を飲んだのであ
る。

まぁ、俺も楽しかったわ嵐山。

夏の磔磔ワンマン辺りから
これから自分が歌っていきたいこと、鳴らしたい音楽みたいなものがあっ
て、
まだまだ若僧だが個人としてもバンドとしても強い意思を持った楽曲を作
り、それをライブでプレイしていきたいと思ってます。

これから長い冬が始まるんだな。

雪が積もる真っ白な大河内山荘もきっと美しいだろうね。

アジトで黒角におでんでもやりたいもんだ。

勝手なブログ再開でごめんなさい

愛しあってるかいベイべー

イエス!(笑)
CO*1 ] page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。