DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/08(水)   CATEGORY: 未分類
関西から銚子へ♯2
難波ROCK RIDERを出た俺達は
ココア&タミーの運転でブルースモービルをぶっ飛ばし
千葉へ、途中仕事に行くタミーを見送り、
タイチーノの運転でのんびり銚子へ向かった。
その日は翌日に行われる銚子音楽祭の会場でのリハーサル
早く着いたので温泉へ入り一休み…。
夕方までのんびりしてリハ、今まで経験したことのない
広さ、ステージもでかいし、うしろは見えないくらい
だけど唄ってると気持ちいい。
そして4日ぶりに帰宅、
久しぶりに会うテン君は大分暴れん坊になっていた。

そして翌日の朝またまた銚子へ向かった。
会場について楽器を降ろし、楽屋まで
スタッフさんに先導してもらい階段を降りて廊下を
曲がったとたん目の前にシーナ&ロケッツ、
シナロケのメンバーが座っていて一瞬金縛りにあった。
到着して心の準備もまだだったからびっくりして
会釈をするので精一杯だった。
心の中では「本当に出るんだ!本当にいるんだ!」と
絶叫していたと思う…。

プロのリハは当日と聞いていて、
俺達はシナロケのリハがどうしても
見たかったから朝早く出てきた。

そろそろ始まると思い、馬鹿でかい会場の中に入り
ステージから5列くらい前の席に座った。
ステージではすでにリズム対の渡辺さんと川島さんが
一つ一つ確かめるようにサウンドチェックをしていて
俺の周りには誰もいなかった。

なぜかステージには若干スモークがかかってて
しばらくするとあのトレードマーク
69年レスポールカスタムをもった鮎川さんが現れた。
大げさかもしんないけど鮎川さんが
ステージに出てきた時この馬鹿でかい会場の空気が
ぐわっと動いたような気がした。
カスタムを持った鮎川さんがゆっくり前に出てきて
白いライトがあたっていて、静かに天井を見上げてて
おもむろにピッキングしはじめると、
エレキギターのホントにエレキギターの音がして
その姿が凄く美しくて、ギターを弾いているって感じより
鮎川さん自身が唄い話しかけてるように見えて、
何十年と音楽に捧げてきた姿を目の前で見ていたら
自分が今よりも小僧のとき
パンクやロックにはまって、そのうちブルースっていう
音楽に入り込んでギターを弾けるようになりたくて
ストーンズで決定的な何かが起きて兎に角夢中になって
今デリカテッセンってバンドをやってるっていう気持ちが
ごちゃごちゃに押しよせてきて目頭が熱くなって。
誰かに見られたら恥ずかしいから、涙をこらえて見てて
気がついたら椅子の下に隠れながら見てた。

その後俺達は4人とも飯を食いに行っても
しばらく無言だった。

サムライの本番は始めてのホールだったけど
凄く楽しかった。
メンバーの新しい一面も見れて俺は盛り上がった。
今までたまにボトルネックを弾いていたけど
この日が一番気持ちよかった…。

その後レディオキャロラインのライブを観に
客席へ、ここで又vo>のパッチさんに感動した。
人前で演奏し唄う事の重大さと言うか
全力で立ち向かう姿は本当にステキだった。
この人のステージを見るといつもそう思う。

そして待ちに待ったシナロケ
鮎川さんと共に唄い続けてきたシーナさんは
本当にキュートで華があってあまりのカッコよさに
度肝を抜かれた。
世の中の女性は(男でも)一度シーナさんのステージを
見たほうがいいと思ったくらい(ちょっと言いすぎかな)
トレイントレイン、ほら吹きイナズマなどの
名曲には純粋に俺達喜びました。

ライブ終了後、俺達はただのキッズに戻り
鮎川さんにサインをもらいに行ったら
こころよく引き受けてくれて
初めてギターにサインをもらった。
そこには「Keep A-Rockin」と書かれていた。
凄く嬉しかった!

他にもスペシャルな思いができて嬉しいことが
沢山あって思い出に残る一日でした。

池袋デボラのスタッフさん達色々と気を使ってもらい
有難うございました。
音楽祭スタッフ、そして遠くまで応援しに来てくれた
みんな、音源を購入してくれた方達に感謝感謝!
スポンサーサイト
page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。