DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/10(水)   CATEGORY: 未分類
ゾウさんギターとオマエとオレ
20080910212853
Booker.T&The MG.sがブルーノート東京へ来るらしい、
過去に二度、ブルース・ブラザーズを観に行ってスティーブ・クロッパー先生に抱きついた事があるのだ。

飛び入りで忌野清志郎が唄った時は感動したなぁ~
忌野清志郎の唄を生で聴いたのは初めてだった。
その名の通りSweet Soulだった。

しかしなんと言っても今回の来日がスッゴク嬉しいのは、あのドナルド”ダック“ダンが来ると言うではないか!ブルース・ブラザーズ、いやスタックスサウンドを口づさむ時、真っ先に思い浮かぶ土臭くも軽快に跳ねるフレーズ、どこか”ワル“な香りがぷんぷんするベーシスト。
クロッパー先生と同様、O・レディングの唄を支えた続けた、スタックスと言えばドナルド”ダック“ダンのベースだ。

このニュースで全国のSOULファンはきっと喜んでいるだろうなぁ~
俺もその一人だ。

今からホント楽しみです。
これでアル・ジャクソンが生きていれば……

先日、地元で同級生が営む居酒屋へ久しぶりに行った。
地元の友人達と酒を飲んだ。

その中の一人は何年か振りにギターを弾き始めたらしく、ゾウさんギターを居酒屋にキープしてあった。
ヤツのゾウさんギターにはマーシャルのミニアンプが内蔵してあって音が歪むよう改造してあった。

ヤツはペンタトニックをずっと練習していて、俺は人にモノを教えるなんてできるタイプの人間じゃないけど、
なんだかとても嬉しく、ちょっとした疑問にならと、ゾウさんを弾いてみたりした。

元々俺なんかより器用なヤツなので、きっと上手くなると思った。丁寧な音だった。

少し年をとって、またギターを手にとるのも良い。
純粋に上手くなりたいとか、これが弾けるようになりたいとか、ステージやバンドを忘れて、ただ楽器を楽しむってのも良い。
俺は逆に初めてギターを手にした時を思い出したよ。

まぁいまでも想い変わらずだけど新鮮な感触だった。

いつかヤツと一曲セッションできたらなと思う。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。