DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/11(水)   CATEGORY: 未分類
オレにはわからない
20090211010428
今夜はスタジオにて「ストローク…ストローク…」と一人ブツブツ言いながらアコギをジャガジャガ。

今まで弾き語りで歌っていなかった歌をメニューに入れたいなと思いジャガジャガ。

「アンタは一体何者なんだ?」

と一服する度に、鏡に映るユダさんに問いつつ、何故か新しい歌が生まれたりしました。

ので、早くリズム隊に渡したいな~と少しだけ心踊ったりです。

そう言えばニュースで見たけど、どこかの大金持ちが一千万以上の金額で亡くなった愛犬をクローン技術で蘇らせたらしい…。

クローン犬を作り出した会社は、クローン犬を作るのが「楽しい」だとよ。

オレにはわからない

が、「楽しい」はないぜ、こんなことが普通になったらどうなるんだ?

愛する犬や猫、それが人間でも、一緒に過ごした時間や魂はどこに行くんだい
流した涙はどこへ流れ着くんだい

飼い主が喜んでるんだから何が悪いだって?

動物は人を喜ばせたり幸せにする為に生きてるんじゃない、

滅びた肉体を蘇らせて、その“死”すら無かったことにするのは、家族として過ごした時間や関係性を無かったことにするのと同じだし、もっとトータル的な“覚悟”自体、闇に葬り去る行為だ。

子犬のクローン抱いて喜んでいる飼い主さん夫婦は随分と高齢だけど、自分らが生きてる間だけワンちゃんにいてもらえればいいのかい?

その高度な技術は他に使い道がないのかい?
技術の悪用どころじゃない、こんなことを「楽しい」なんてぼざきやがって、神をも背く“悪行”だ。
スポンサーサイト
CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

PSketch | URL | 2009/02/13(金) 01:42 [EDIT]
滅びた肉体を蘇らせるのではないな
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。