DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/07/14(火)   CATEGORY: 未分類
タイトルなし
20090714220858
20090714220854
20090714220851
土曜日、結局襖の張り替えを途中で缶ビールを呑んでしまって断念した。ラジカセからは答えは風の中さとディランが唄っていたが吹いているのは扇風機からの生暖かい風だけで、風呂に入りテン君にエサを置いてブーツを履いて祇園祭真っ只中の成田へ向かった。
婆ちゃんに返す三味線を片手に降り立った成田の町は人の波だった。
裏道からまた裏道へと渡るにも山車が通れば人の流れも止まるので全然進まない、祇園祭は毎年行っていたけどここ何年かの中でこんなに人でごった返したのは久しぶりだった。女王である婆ちゃんの城へ着くと同い年の従兄弟K嬢が生後1ヶ月なるかわいい女の子を抱っこしていた。オレはおぼつかない手で恐る恐る小さい女の子を抱っこしたんだけどお尻に置いた手にブリブリ~っと大ざっぱなバイブレーションを感じて結局女の子は放せ放せと泣いて喚いてしまい、オレは缶ビール2本を飲んで母M子が自分の為に作った弁当を横取り、食い散らかして、心配そうな表情の女王にバイバイと手をふって出た。あ、仏壇の爺ちゃんに挨拶するの忘れちゃったよ…。
ベイビー、君が女になったころ逢いに来るぜ、あばよ。

戻るときも裏道に入り狭い石の階段を登った。よくここで学校帰りにタバコぷかぷかしてたっけ、
途中、花田さんとの「流れ」でお世話になったjammyに寄って、忘れていたストーンズのCDを受け取りテツと握手をして別れた。

成田駅西口からタクシーに乗り友人夫婦が営む居酒屋「田月」にも行き、久しぶりに会う同級生達と呑んだ。大将のしおちゃんに鮎の塩焼きを焼いてもらった。見た目も美しく絶妙な塩加減で凄く旨かった。
カウンターでこのままオネエチャンの話や昔話でもして一晩中成田で呑みたかったけど、バッタバッタの日々はそうもいかず、終電に乗った。

翌日の夕方、我が家へ訪れてきたのはこの人、そうタミーです。アラ4的な落ち着きをもったタミーは車で来てたので、せっかくだから呑みたかったのだけど、仕方なくコーヒーで小一時間ほど近況トークして「それじゃ」と去っていった。どうやら最近はアコギ弾き語りにハマってるらしく、唄の中からベースラインを作ろうと修行中らしい、久しぶりに几帳面で、どこかズッコケでオチャメなA型タミーに会った。またゆっくり、今度はアルコール摂取しましょう。

そして翌日の夕方、母M子から入電、「○○って店知ってる?今そこにいるから」
その店はウチからあるいて二分の行きつけの居酒屋で、オレは慌ててガラガラっと引き戸を開けて店内へ、そこにはカウンターでカツオ刺しに生ビールを呑むM子、中々のオヤジっぷりに自分のテリトリーを荒らされたような複雑な気持ちだったが、ジョッキ片手に「自分を見失ってたは…」と呟くM子にツッコミを入れるのも面倒くさくなったオレはM子のカツオ刺しを肴に八海山を呑んだ。

かつて美脚のマリーネ・デイトリッヒとあだ名されたのは真っ赤なウソだと思うが、今ではすっかりO脚になったM子を改札で見送り、20日に行われるサイトウヒロシミュージックショーにてthe shoutsのサポートギタリストさせてもらうことになったオレはリョウスケの車に乗ってスタジオへ入った。

答えは風の中なんすかね。ディラン先生

ま、いいか

ばいなら
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。