DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/07/22(水)   CATEGORY: 未分類
夏の日記
20090722220719
20090722220717
20090722220714
あと一週間程で京都へ移住することになりましたユダでござる。
まあまあそれは置いといて
先日、「冷たいもん入れるぞ」の号令の元、ランブリングスの金さんを中心に陽三氏と後輩一号二号のリョウスケとオレで冷たい日本酒を入れて串を抜き抜き、程よく酒がまわってからは、「約束の場所」または「終着駅」のジョアンへ流れ、ランブリングスマネージャー陽三氏によるアナログオリジナル盤、必殺の南部ミュージック、どれも強烈だったが初めて聴いた「ダニエル・ムーア」は全身鳥肌ものの極上サウンドだった。このへんからオレと金さんはレッドゾーンへ、リョウスケは既にリミッターカットで陽三氏になんか技をかけられてた。そして噂をすればコウさん登場で、ジョアンのカウンターを埋める個性豊かな面々、喜怒哀楽とグッドミュージック、やっぱりジョアンは俺達の終着駅だ。
陽三氏、レコード大事にします。ありがとうございました。

翌日は二日酔いのカラダに気合いを入れて部屋の片付け&荷造り、襖との長い戦いも終わり、テン君は「いったい何をしてるんだい?」と落ち着かない様子だった。夜、近所の中華料理屋で飲んだビールが熱をもった体に染みた。

そして夏の始まり「サイトウヒロシミュージックショウ」の最終日へ、全21バンド、the shoutsが5番目、ユダ倶楽部は11番目と、このイベントではかなりベストな位置についた。タイチが用意してくれたクーラーボックスにビールを入れて、タープを張ってセッティングはバッチリ。the shoutsではリョウスケのテレキャスターと2本で絡んだ。あんな風にリョウスケとプレイしたのは初めてで、単純にオレは楽しかったよ。ユダ倶楽部の出番になり酔いをさますため顔面にパン!パン!と張り手、痛いけど、これをやると体が目を覚まし「かかってこいやー」とスイッチが入るのだ。あっと言う間のステージだったが野外でギターを弾くのは最高に気持ちがいいんだ。「太陽の下似合わないっすね~」などと色々な人に言われたが、太陽の下で魂を解放できるのは素晴らしい、まあ、できれば「夕焼けが似合う男」と言われるようになりたい。テン君のように「月明かりが似合う猫、または男」ってのもいいかな。
それと千葉っちょ率いるリベットのみんなありがとう。少し気恥ずかしいってのもあったけど、素敵なシャッフルとメロディーが嬉しかった。
打ち上げに出たが、23時を回ったあたりで腰が抜けそうになったので、馴れない京葉線に揺られて帰宅。

翌日は小学生時代からの友人Aが、これまたテン君が傷つけた部屋のクロスを張り替えに来てくれた。脚立などを運ぶのを手伝おうと思い外へ出ると、Aは開口一番に「ユダって堅気の顔じゃないね」だって…確かにロックンロールは反抗だとオレは思っているが…まあいいか…。
夕方にはオレの部屋は真っ白に美しい壁に変わり、少しだけ引っ越すのが勿体なく思った。Aよありがとう。心から感謝。

押し入れの中からエディ・テイラーをダビングしたテープが出てきた。今それを聴いている、10年前に「I FEEL SO BAD」を初めて聴いた時はぶっ飛んだっけ、ダウンホームなウォーキングベースを弾いても職人的でカッコいいんだよな。また、カセットテープのA面からB面に変わるまでの間も、今は楽しめてたりします。

京都移住の件はまた今度と言うことで、まだオレ千葉県民だしね。
ユダ倶楽部の次の標準は26日(日)の千葉LOOK。

ベイビーダンスしょうぜ♪
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。