DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/14(木)   CATEGORY: 未分類
国境を越えて#3
約10時間のフライト、途中外の景色に
俺達4人「わぁ…」と言葉を失う
多分大西洋のはるか上空、
多分太陽が昇りはじめた頃
まだ暗い雲のじゅうたんの上に
物凄く濃いオレンジに青や紫のグラデーション
ザ・バンドの「ステージフライト」のジャケみたいで
凄く感動した。

朝の多分9時か10時頃
無事ロスのインターナショナルエアポート(LAX)に到着。
ここでも俺はドキドキだ
入国審査、何か聞かれたら「さいとしぃ~ん」て
答えばいいんだろ!決してバンドで演奏しに来たなんて
言わないようにしなきゃ、
と言うのも要はお金儲け物を売ったり、そういった目的
があると入国できなかったり、その場でハイサヨナラってな
ことになってしまうからだ。

俺がうけた審査官は黒人のB.Bキングそっくりな人だった。
かなり緊張したが3分ほどであっけなくOK!やったぁ!

ココアもタミーも難なくクリア心配だったココアのギターも
無事到着していた。
だけど何か足りない、
あ、タイチがいない!どこを探してもいない、
荷物もスネアもない!
確かにあいつが黒人のオバサンに審査を受けていたのを
俺もココアもタミーも見ている、
ひょっとして連れて行かれたか?
確かに怪しいもん、やつ、俺だったら止めるね。

兎に角どこを探してもいない、このままじゃ
余計に怪しまれるので先へ進もうと決断。

不安を抱え外に出ると銀色の帽子にスーツケースを持った
オッサンが「遅かったね」と一言
ギュッと握り締めた俺達3人の拳は
今にも暴れだしそうだった…

兎に角無事ロスに到着。ここから送迎バスでレンタカー屋へ
日本を出る前にタイチが事前に予約していたので
少し大きめの赤いバンを借りる
この車が俺達をロスからベガスまではこんでくれる
サムライモービルだ。
荷物を乗せいざ出発。ドライバーはもちろんココアだ
やってくれました、ココアちゃんレンタカー屋を出た瞬間
加速、ロスのダウンタウンをぶっ飛ばしてます。

少し迷いながらもベガス行きのフリーウェイルート15へ出て
北上していく
4人とも今アメリカのフリーウェイを走っているという
現実に軽い興奮を味わっている、一人が意味も無く笑えば
全員笑う「なんだこれアッハッハァ~」
さぁいざベガスへ!
スポンサーサイト
page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。