DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/15(金)   CATEGORY: 未分類
国境を越えて#4
フリーウェイをしばらく走るとだんだんと
景色が変わっていく、砂漠のずっと先に見えるのは地平線だけ
でかい山々の上にはどこまでも青い空、現実とは思えない景色
まるで絵画みたいだ。
「なんだこれ!」と何度となく車内大爆笑。

途中全員腹も減ってきたのでどこだか忘れたけど
フリーウェイをおりてタコスのファーストフードへ

メニューを指差してなんとか注文はできたけど
店員が何か言ってくる、焦った、本当に焦った
ぜんっぜんわからない!
タミーに助けてもらい何とか買うことができたけど
日本を出る時の不安感がしっかりと形になって
今頃になって押しよせてきた…
「そうだよなぁ、俺全然英語喋れないんだ…どうしよう…
こんなんでこの先やっていけるのかぁ…」と今さらだけど
かなりナーバスになってしまった…

しばらくして運転をココアからタイチへチェンジ
さすがに長時間のフライトで皆疲れがでてくる
ココアとタミーは後部座席で仮眠

しかし永遠と続く一本道、砂漠の中にぽつんと一軒のスタンド
ボロボロになった何かの看板、
車検が無いせいかポンコツのアメ車をぶっ飛ばすオッサン
トランスホーマーに出てくるコンボイ、デカ!
砂漠に見えるでっかい焦げた跡のような黒い模様は雲の影
カーラジオからはカントリーミュージック、
スチールギターの音色がきれいだ。
それぞれの期待と不安を乗せて着実にサムライモービルは
ベガスへと進んでいる。

さすがに限界のきたタイチに代わりオオトリのタミーにチェンジ
ベガスまでもう一息だ、頼むぜタミヤポリス!
と、俺も限界がきて寝てしまった…

どの位寝ていただろうタミーの「ベガスだ!」で飛び起きた
もうそこは砂漠の中の都市ラスベガス、ビバ!ラスベガス!
やったぁ!

フリーウェイをおりてメインストリートのザ・ストリップへ
自由の女神、ジェットコースター、スフィンクス
ピラミッド、全開のネオン、もう訳がわからん
そして地球の歩き方の地図を頼りに
今回ANIME VEGASが用意してくれたSAHARA HOTELを目指す。

19:00頃無事ホテルへチェックイン、
いったい日本から何時間かかったんだろ、
このままベッドに横になったらどんだけ気持ちいいだろうか
しかしここからがサムライ式、皆10分程度で支度を終え
「行こうか」とまたサムライモービルに乗り込む
ラスベガス初夜俺達が向かった先にはキングがまっていた。

スポンサーサイト
page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。