DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/05/08(火)   CATEGORY: 未分類
Theballadofbadloser

4/28日(土)磔磔

快晴、快晴、布団の中でも季節と季節の間の、ほんのり甘い香りがする。
昨夜の酒が若干残ってる。
やっとこさ手に入れたジョージ・ジャクソンのフェイム録音が嬉しくて、
けっこう呑んじゃったんだな。

弦を張り替えてタムさんとタクシーで磔磔に向かう。
日差しが気持ちよくて、このままどっか、海とかそんな場所までいっちゃ
おうかなんて、バックシートに揺られながら、

ちょっとスター気取りで磔磔に到着。
運ちゃんありがとう!
ジャンプするぜ!

昼間の光の中から暗い磔磔の中に入ると目がなれるまで俺はほとんど何も
見えなくなるんだな。

目をパチパチさせてるとしのやんからCDを手渡された。

「The ballad of a bad loser」

ピカピカの紙ジャケ、俺達の1stアルバムだ。

早速先輩や友人バンドマン達からいただいたコメントとアルバムを持って
楽屋に上がり、
そっとパッケージを外してrui-Dさんがデザインしてくれたジャケ
をひたすら眺める。
帯には
仲井戸“CHABO”麗市さんからの言葉が、
表と中ジャケはヒロちゃんが撮影してくれた磔磔でのライブ写真だ。
裏ジャケには曲順と新しいロゴが光っている。

寄せられたコメントを読んでじんわりと胸が熱くなってくる。

アルバムをひっくり返したり開いたり閉じたりして、その手の感触が
「本当にアルバム作ったんだなぁオマエ」
おう!できたぞ~!
人がいなかったら大声て叫びたかったぜ

喜びと同時に今までの時間、
磔磔で連日朝方までレコーディング。
提灯の灯りの下、脳みそが痺れる寸前、
それでも充実感が勝利していた。
明日どころか今日さえも、おい!どこだ!と
永遠のように感じたハードな季節の記憶。
我がアパートから見える夕焼け
に、おい、バンドやれるのかい?と問い掛けてみた夕暮れ
ある夏の朝、怯える黒猫のテンをカゴに入れ西へ向かう新幹線に乗った記
憶。
千葉みなとで朝から晩まで機械と過ごした日々
あんな日々、こんな日々…

なんだかわからないが
京都シティから千葉シティまで、記憶が時間が景色が、高速で逆流するか
のような感覚にしばらく支配されたのだ。

あの日々も、あの日々も、
全ては繋がってるんだと、
あの時に吹いた風は今も吹き続けていて
静かに燃えた炎はまだ此処で燃えつづけている
もっと強くもっと激しく!

それなりにだけど積み重ねた時間や、道の上にでも、旗を突き刺そう。
忘れないように。

やっとこさ手にしたアルバムに「ありがとう」と言ってやった。

が「ながかったぜバカヤロ~!」という気持ちのほうが大きかった。

タイトルの
「The ballad of a bad loser」
は、「あきらめの悪い男の歌」といった意味だ。

OKツアーに出よう!

アルバム詳細↓
ツアースケジュール↓
チケット予約↓
http://honeymaker.web.fc2.com/



スポンサーサイト
CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● アルバム
あちまる。 | URL | 2012/05/11(金) 23:44 [EDIT]
1stアルバム発売、本当におめでとうございます☆
本当に嬉しいです(^^)
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2012/05/10(木) 00:09 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。