DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/19(木)   CATEGORY: 未分類
国境を越えて#21さらばアメリカ
約一時間近くバスに揺られてLAXに到着。
俺は無事LAXにたどり着いたことに安心し、何故か自信満々だ
運転手にお礼を言いギターを担いでタクシー乗り場へ

さすがにロスはサンディエゴと違い都会のジャングル
騙されるほうが悪いんだ的な空気が漂っている
そんな温度差も感じながらも強気で行く

なんとか目的の宿に到着、が、しかし
確かに予約していたにもかかわらず、
予約はされてないと言うではないか、「兎に角泊めてくれ」
と伝え、不本意ながらも部屋を借りることができた。
(でもこの事はタイチが予測していたのでそんなに驚かなかった)
まぁ何はともあれサンディエゴから一人でロスの宿までたどり着けた事に今までに味わったことの無い達成感を覚え速攻でビールを買いに行き自分に乾杯をした。

時計を見ると夕方の6時を過ぎていた。
オーシャンビーチには夕日が差し込んでいる頃だろう
ココアマンは一人で何をしているんだろうか
無事着いた事を伝えたいが今の俺には手段が無い
兎に角日本に帰ってからだ

その夜は随分早く寝てしまった。
そしておかしな夢を見ました。もし夢にその時の精神状態が影響
するならば俺はスーパーマンにでもなった気になっていたんだろう。
だって夢の中で俺は空を自由に飛んだりしていて
まるで超人だった。途中汗だくになって目が覚めたのを憶えてる

そして翌朝7時頃目が覚め朝食をとりに行く
他の旅行者(中年の夫婦)に交じりパンを食べコーヒー
アメリカに行く前からコーヒーは好きだったはずだが
何故か帰ってきてからやたらとコーヒーになってしまった。
今まで自分で作って飲むなんてしたこと無かったのにな、何故だろう…

ロッジの前でぼ~としていると中年夫婦に
「ギターを弾いているのか?」と話しかけられる
日本からベガスに演奏をしにきて十日ほどアメリカに居た
今日帰らなきゃならないけど、できれば帰りたくない、と
自分でもビックリするくらい落ち着いて話せた。
厳密に言えばちゃんと話せてはないんだけどね。
まぁ初日だったらパニック状態になっていたんだろうなと思う。

そろそろ空港に行かなけりゃ、フロントでロッジのバンを指差し
「あのバンは空港に行きますか?」と聞くがかなり適当に答えやがる、頭にきたので直接運転手の所に言って「俺は空港に行きたいんだ」と伝えるとすんなり乗せてくれた。

少し予定よりも早い時間に空港に到着した。ロスに住む日本人の人と立ち話をして出国審査へ
これも結構緊張したね。皆ベルトから何から身につけている物全部はずしている。
俺は土産を何一つ買ってなかったのでこっちで買った100円ライターを持って帰ろうと思った。
でもどうせ見つかるだろうなとダメもとでギターケースのポケットにライターをしまっといた。
すると何も引っかかる事無く通過、何だかついてるなぁ

しばらく読書しつつ時間をつぶし、午後12時50分発の機内へ
これで本当にお別れだ、ココア無事に帰って来い

少し恥ずかしいが正直俺はアメリカで物凄いカルチャーショックを受けた
この歳でこんなんなのに、もし10代でこんな所に来たらとんでもないショックだろう。
実際に戻れなくなる人もいるだろうし、そこで人生の決定的な何かが決まってしまうかもしれない
今回はラッキーな事にバンドで行けた。だけど100歩譲らしてもらうと、今まで少なくともサムライデリカテッセンは真剣に音楽をやってきたつもりだ。
あくまでも俺達の価値観で音楽を最優先にしてきた、敬愛するミュージシャン達に遠く及ばずも、少しでも近づきたくて何度か壁を乗り越えてきた。そして何かしら削り落としてきた
だから今回のアメリカは俺達にとって本当にやってきて良かったと思える事と同時にこれから生きていく大変なエネルギーをくれた。
そして西海岸産の音楽が、アメリカンロックがなぜああ言う音になるのかが100枚のレコード聴くより実感できた。
俺は思いました。男4人が同じ意思を持てば何も怖くありません

まぁ俺達はロックンロールバンドだから兎に角演奏で表現して行こうと思います。近々この旅を元に作った新曲達を発表できたらと思っています。

約10時間のフライトを終え成田に到着し
速攻でうどんを食べに行き、ウーロンハイを飲んだ
夜家について10日振りに髪の毛にくしを通した
髪の毛はボロボロになっていた、日に焼けていた
少し痩せていた、テンが近寄ってきた、迷わず頬ずりをしてきた
そうだ、自分次第でどうにでもなる!!

追伸:この渡米日記を読んでいてくれた方々ありがとうございます。
元々文章苦手なので読み苦しかったかもしれませんが、これからもなるべく色々と書いていくんでヨロシクッす。
スポンサーサイト
page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。