DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/09(木)   CATEGORY: 未分類
冬と共にナイロン弦
先日、四谷アウトブレイクでライブしてきました。
ロックバンドにかぎらず劇団、サーカス、流し、ふうてんさんと
さまざまなジャンルで生きる人達は色々な町を行ったり来たりする訳で多少はオイラもその中に入るわけです。
ただ千葉と言う東京と隣接した微妙な都市がサムライさんの地元なわけで、そこがまた微妙な位置なわけです。
確かに小一時間ちょっと走ればいわゆる都内…って何が言いたいんだか自分でも分からなくなってきたので、つうかさっきタイチが来て大分呑んでしまったので乾くコンタクトレンズにシバシバさせられ早く寝てしまいたいなと思っとるのです。

そうそう四谷ね、アウトブレイクの入口横にあるかっふぇで少年(小4)がウクレレ弾いていたんですねぇ一人で「お母さんはどーしたっちゃ?」「中で友達と話してるよ」「ふぅ~ん」
「何弾けるの?」「何でも弾けるよ!」「ブルースなんてどーかしら?」「今練習してるの」(キーはC7の3コードを弾く)
またこれがウクレレのブルースフレーズってのも良いモンで軽い感じするでしょ?これがまた泥臭い感じがして良いんだよ。
「じゃあハワイアンは?」「ジャワイアンなら弾けるよ」「何?ジャパコアなら弾けるのか?」
と、少年が弾いたジャワイアンなる曲はとても綺麗な音で単音のメロディーとコードがリズミカルでとても立体感のある音だった。なんともロックとハワイアンや何かが混ざった曲意らしい、南国の島でと想像してしまうが冬の入口の夜空の下で聞くウクレレもこれまたオツなもんだと痺れました。
この歳でウクレレ初体験しちゃいました。
「いやぁ、楽器って良いもんですなぁ~」
スポンサーサイト
page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。