DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/05(金)   CATEGORY: 未分類
女王とオイラとラーメン
20070105220029
私のお婆ちゃんちの近所に昔からあるラーメン屋「仁康」。
油のとれてないテーブルにマル椅子、ついているテレビはいつも競輪、それを真剣な顔で見ている店の親父、脱ぐのも面倒なのか出前から帰ってきたままヘルメットははずさない、
子供の頃、お昼時にお婆ちゃんちに行くといつも仁康の出前で、お婆ちゃんや従兄弟の兄ちゃんとよく食べていた。
近所にある高校生達の胃袋を長年支え続け、通常の倍以上あるビックな餃子は貧乏学生には優しい、一個から売ってくれる。が、ここのラーメンは兎に角しょっぱい!決して旨いとは言えたラーメンじゃない
お婆ちゃん子のオイラは月に一度は地元にあるお婆ちゃんちに行きます。居間に鎮座している姿はとても小さいが女王の風格です。
いつもは歩きなれた裏道を歩いて行くのですが、お正月ということもあり参拝客で賑わうメインストリートを選び女王の城へ向かう。するとやってるじゃないですか仁康、のれん出して。
すっかり記憶の底に忘れさられた味が…て訳でもないですが、無性に食べたくなった。
十代の頃食べに行くと親父は「やってんのかぁ~」とギターの弾く真似をしてきた。
どーやら大人の男になったオイラには気付いてないよーだ、ハッハッハァ~♪
昔からいるおばちゃん二人も変わらずに働いている。
そしてよく食べたチャーシューメンに餃子、
「うわぁ~しょっぺぇ~」と、もう旨いんだか不味いんだかわからない味、変わらない味?にニヤニヤしてしまう。
しかしなんと言うのか昭和の雑さって言うのかな、正直落ち着くのかな、だって厨房に野良猫入れちゃってんだもん、過剰なサービスで攻めてくる今のラーメン屋だと逆に疲れっちゃうしね。
好きだぜ仁康、しかししょっぱかったなぁ、また行こっと。
スポンサーサイト
page top
copyright © ユダの仕業 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。